« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

倉敷民芸館でジャワ更紗展

朝、新聞を見ていて、あっ!

見に行こうと思っていた展示会が~!

今月一杯で終了することを知り、予定外ではあったが、朝から見に行く事にした。

雨上がりの朝8時半。

道がとても混んでいる~。。。まっ いいか! 急ぐわけじゃないしね!

途中、追突事故したばかりの3台の車も目にしたし。気長に、おとなしく運転して、

それにしても1時間半もかかってsweat01

倉敷には一年に数度は足を運びますが、こんなに時間がかかったのは初めて!

でも、朝のまだ観光客がほとんどいない景観は、なかなか良いものでしたよ!

128_017

↑の橋の上から手前を見ると↓こうなります。

128_022

倉敷は白壁の街といわれています。

128_018

↓ ↑ 今日の目的の 倉敷民芸館 です。

128_020

128_019

↑ これを見にきました。

中は写真が禁止されていたので、残念!

細かい蝋描きと染め。次に色を付けたい部分の蝋落し。染め。。。

と、気の遠くなるような作業です。

 子供の頃、歌いませんでしたか?

note ど~て~の スカンポ じゃわさらさ~note  って。

続きの歌詞がでてこないんですけど(笑)

この歌の じゃわさらさ が 上の写真の ジャワバティック ・ 更紗 だとは思うんですけれどねえ~ 

あの歌の意味するところは何だったのかしら?  って

時々思い出すように 不思議になるんです。

土手に生えたスカンポ(イタドリとかいいますかねえ?)がまるで、ジャワ更紗の文様の様に見えるとでも云う事なんでしょうか?

どなたか、教えていただけませんか?

私の 何十年来の疑問です。

128_023

↑ 倉敷を代表する 大原美術館 です。

この記事を書いた後で検索をしてみました。

歌が聴けます。↓

http://14.studio-web.net/~yamahisa/sukanpo.html

2010年1月27日 (水)

ほめる  褒められる

昨日NHKの「クローズアップ現代」褒めるというテーマでした。

ある会社では、社長さん自らが、社員一人ひとりに、

「あなたは これこれの点がすばらしい! ありがとう。これからも宜しく、頑張ってください。」

と、皆のまえで褒める。

褒められた人は、てれくさくて、真っ赤な顔になったりするけれど、

決して、悪い気はしないよねーcoldsweats01

社長、ちゃんと見ていてくれたんだ! ってね。

二人の子育てで、日々忙殺している若いお母さんは

自分ってなんだろう?  って思ってしまったり。。。

そんなある時、 1冊の本に出会いました。

褒め言葉ばかりが、書いてある本です。

その中で、いつも頑張っているよねー と云う言葉に出会って、

涙が止まらなかったと、云っていました。

この本は、たしか。。。褒め言葉のシャワー・・・とか?いいました。

このお母さん、それからというもの、今日であった褒め言葉 を ノートに記録するようになったんです。

ある日のことばは、「ママ、やさしいね、やさしいね、やさしいね!」娘の○○ちゃんより

と、いう具合に。  これって、書き留めなければ、その場かぎりで、流れさって忘れてしまいそうな会話。 でも、書き留めることによって、宝物になっていますね!

人って、年齢に関係なく、褒められると、自信が持てて、1歩前へ踏み出せるんでしょうね。

頭では理解しているのに、現実的には。。。

とても難しい!

前回ブログで書かせてもらった、ありがとう ・ 愛してる も難しいけれど。。。

子育て真っ最中のとき、どの位 褒めてあげたんだろう?

残念ながら、あまり記憶に残っていないんだ~

自分が子供だった時にも、褒めてもらったかどうか??

でも、父が亡くなってすぐの頃だったかに、

母が教えてくれたんです。

「お父ちゃんがねぇ~、良い子を3人も産んでくれて、ありがとう って

云ってくれたんよ~」

姉、兄、私、の3人兄弟。。。

父にとっては、みんな良い子だったんだね!

父はいつもいつも、本ばかり読んでいて、

とても無口な人でした。  だから。。。

私などは(いえ、多分、3人とも)

父と直接話し(会話)をするなんてことは無かったように思います。

いつも、母を介して。。。でした。

今時の人には分からないでしょうか?

私にとって、父はとても大きな存在で、

そして亡くなった今でも、尊敬しています。

その父が 「良い子」と云ってくれたことは、私にとって、太い支えです。

先日のことです。

隣りに住む、次男の嫁ちゃんが、我が夫のことをこんなふうに云ったんです。

「おとうさん、カッコいいって私も思います。白州次郎みたいに。。。」

私、一瞬 ?

白州次郎みたいに?

あ~あ。。。長靴はいて、畑仕事してるのを見て、そう思ったのか~

この嫁ちゃんは、幼い時にお父さんを亡くしているから、父親の思い出がないんです。

夫の姿の中に、きっと自分の父親像を重ねて見ているんでしょう!

で、私。。。そうかぁ~ 我が夫も、カッコ良いと思ってもらえることもあるんだheart04

皮肉ばっかり口にしている 私。。。少し反省。。。

おとうさん! よかったね、カッコいいって、見てもらえてhappy01

2010年1月24日 (日)

市民公開講座

土曜日の午後、市民公開講座を聞きに出掛けてきました。

「共に支え、共に生きる」 

 講師沼野 尚美 先生です。

    主催  岡山県がん診療連携協議会

先生のご紹介を簡単にしますね。

薬学卒業後、神学修士号取得。ケンシントン大学にて心理学カウンセリング修士号取得。病院チャプレンやカウンセラーとして淀川キリスト教病院、姫路聖マリア病院、日本バプテスト病院などを経て、現在、六甲病院緩和ケア病棟勤務。2500人以上の方の生と死に関わってきた。専門はがん患者とその家族の精神的援助と宗教的援助。

沼野先生のお話を伺うのは、2回目です。

最初は私がボランティアをしている岡山済生会病院の、研修会でした。

表情豊かに関西弁で話されます。

時には 一人芝居 を見ているのかと錯覚するような感じで。。。

先生が がん と云う言葉を初めて耳にしたのは37年前(高校生のとき)とか。

その頃の癌患者さんは耐えられない痛みにベッド上で、まるでジャンピングするようだった。。。そうです。

現在は、癌特有の痛み、不快な症状を和らげるための緩和ケアができて、37年前の様な事はありません。。。

体の苦しみが小さくなると、人間はどうなるのでしょうか?

  ある人は・・・温泉にでもいこうか?と

    あるいは・・・パソコン相手に碁をうつ

 と、そんな人もいるでしょう。

余裕が出来たぶんだけ、心を見つめなおす時間ができる。

すると、過去において、、、あんなこと云わなきゃよかった~・・・と後悔の念にかられる。→心の葛藤を持つようになった。

患者さんの心にまで支援ができて初めて、緩和ケアの完成がある

すまなかったと、気に掛かっていたことを「ごめんね」と誤る。・・・これは会って言葉で伝えないと心に届かない。  最期になって、心穏やかにというのは難しいので、平素から心穏やかでいられるように、ごめんね!も口に出して云いましょう。

癌 = 死 ではなくなって、完治する場合もある。

だけど、、、完治しても、癌になる前(癌にならなかった)のようには生きられない。

癌になったからできる生き方がある。

  自分の怒りをぶつけて、相手を傷つけない。

  人の心の痛みの解る人として生きる。

末期癌患者に質問 

治療の手立てがない! と解った時、何によって救われましたか? 1つだけ答えてください。

  全員の答えが、家族 だったそうです。

  (家族のいない人は、先輩・友人・隣人・・・などを挙げられた)

 しかし、家族のありかたが変化しており、家族の絆も勝手には出来てこない時代だそうです。それなりの、努力が要りそうですよ。

家族のない場合もあるでしょう。自らが努力して、家族に代わるような人をつくっておく必要があるといわれました。

子供や孫がいても、同世代でないと分かり合えないこともあるので、もし、自分が病を得てやつれて、すっぴんで、もしかしたら、頭髪が抜けているかもしれない。。。

それでも、「あなただけには会いたい!」という人をキープしておく努力をしてください。

そして、あなたが65歳以上になったら、20歳年下の友人をつくることが大事です。

     これはかなり、難しいよ~sign01・・・私の感想

ドクターが「余命○○日です」 と、云うでしょう。

でもこれは、50%の確率です。

もう幾らも時間がないから。。。と、早々に財布を嫁に渡してしまわないように!

最期まで自由に使えるお金を少しは置いておくこと。

嫁が見舞いに来てくれたら、その都度

「今日はありがとう! これから帰ってごはん作るの大変だから、おすしでも買って帰りなさい!」  って、現金をその手に握らせてあげる。 その方がず~っと効果がある!(笑)

病気の人に対して、何もして上げられない。。。

でも、唯 側にいることができるsign01

 これは・・・あなたは一人じゃないよ! というメッセージをおくれるのです

 一人じゃない! と思える時、人は生きていく力が湧いてきます

そして、人は解ってはいるけど、、、云われたい言葉がある

      解っているけど、、、あえて伝えなきゃいけない言葉がある

それは、    ありがとう

そして、    愛しているよ

最期に言ってほしいのは、 頑張れ! ではないのです。

気恥ずかしさを投げ捨てて、言わなければいけないことを今、言っておく。

実例を沢山あげて、お話しくださいました。

涙が頬を伝わりました。。。

日本人は大事な言葉を言うのが苦手です。

日頃から使うようにしましょうと、言われました。。。

どんな時にいえるかな~?  と、思いながらこの講座が終わって、駅前あたりで待ち合わせしようと云っていたので、携帯に2度3度と、連絡をいれても呼び出し音ばかりです。

携帯を持たずに出掛けたに違いありません!!

仕方ないので、バスで一人帰りました(プンプン!)

こうなると、ありがとう どころか、愛してるなんていう言葉、どこからも出てくるわけ無いangry

元気な間に、口にできるんだろうか?

大きな課題です~sign02

2010年1月21日 (木)

東京観光・東京都庭園美術館

119_033

JR目黒駅から徒歩7分くらいでしょうか、

東京都庭園美術館です。

沢山ある美術館。。。でも 月曜日は休館がおおいですね。

ここは水曜日が休館だったので、一人で訪れてみました。

119_037

開催しているのは↑です。

イタリア印象派のものです。

マッキアイオーリって? 画家の名前?。。。?

何にも解らない。

ネットで調べて解ったのは、

月曜日に開館していること、

絵が美しいと思えたこと・・・でした。

以前にも一度行ったことがあるので、一人で行けそうなことも心強い!

ネットで割引券をダウンロードして(200円引き)持っていきました。

二人まで割引です。

入場券売り場で、私の次に待っているお一人の女性がおられたので声をかけてみました。

「一般で入られますか?」

「ええ、そうです」

「じゃあ、ご一緒に入りませんか?」「二人まで割引してもらえますから・・・」

ということで、1000円のところを800円で入館。

もし私がずっと若ければ。。。

気軽に声をかけることが出来たかな。。。?です。

これはおばさんになった特権みたいなものかも知れませんんねcoldsweats01

入場券を買う前には、こんなこともありました。

美術館前に到着したのが、開館に20分ほど早い時間でした。

私より早く、お二人連れの女性が来ておられて、代わり合って写真を写していました。

二人ご一緒で・・・写してさしあげて

私も写してもらい。。。

す~っと、会話がはじまりました。

まるで、一緒に来た友人のように。

九州と浜松からのお友達二人・・・

「岡山、去年行きました!」

「大原美術館でしたっけ?  いいですよね!」

とか、「浜松には楽器博物館って云うのかしら? 友人がとても楽しかったって云ってましたが?」

「実は私、まだ行ったことがないのです。。。」

等など。。。。。

20分はすぐに経ってそれぞれに建物へと吸い込まれて。。。

この建物は 昭和8年(1933)建造の明香宮邸を、1983年に美術館として公開されたものです。アール・デコ様式粋を尽くした建物、そして芝生広場、日本庭園、西洋庭園とお庭があります。目黒駅へ続く道もなかなか趣があって良い場所です。

そして、肝心の絵ですが、マッキアイオーリとは、人の名前ではありませんでした。

1850年代のイタリア・トスカーナ地方。国土をひとつの「国家」として統一するために巻き起こった イタリア統一運動の機運に触発された若い芸術家たち。

イタリア語でマッキアと呼ばれる斑点を用いた斬新な描法を駆使して、トスカーナの大地や風俗、同時代の歴史的事件などを活き活きと描いたこの先鋭的なスタイルの画家たちを、人々は「マッキアイオーリ」(マッキア派の画家たち)と呼びました。

お庭を眺められるデッキがあります。寒いのですぐ引っ込みました(笑)

でも小さな赤い実が可愛かったのでパチリ!

119_036 119_035 119_034

優雅な一時でした。

至福の時ともいえるのでしょうねheart02

2010年1月20日 (水)

東京観光 明治神宮

119_027

弘前大学、シニアカレッジ同窓会の翌日です。

東京観光を希望した私を含む3名の為に、東京近在のお二人が付き合って、案内をしてくださいました。

順序はめちゃくちゃですが、

「今日はどうしてこんなに人が多いのかなあ~?」と

案内下さった方もびっくりしたのが、

明治神宮だったのです。

この写真を写した場所から先へ進む元気がでなくって(笑)

ここで、心の中で遥拝。。。引き返しました。

神宮前広場では、昔と変らない若い人達がいましたよ!

 昔は たけのこ族 とか言いましたが、今は何と呼ぶのでしょうか?

竹下通りも、変らない人出でしたが、

表参道の人出には、驚きました!

私、随分久しぶりでしたから。。。

以前訪れた時は、覗いてみよう と思うお店も無かった記憶でしたが

表参道ヒルズ以外に、沢山のブランドショップができて、すっかり様変わりしていましたよ。

話しが 突然変るのですが。。。。。

明治神宮の人出の原因がこれかなってsign02

私の、ブログ作成画面 右端にココログニュースというのがあるのですね。

 今日まで全然気にした事がなかったんですけれど・・・

そこに明治神宮に大行列の理由 と見えたんですよ!

簡単に要約しますと・・・

神宮内の庭園にある 加藤清正が掘ったと伝えられる湧水の井戸

「清正井」(きよまさいど)がある。

「清正井」の写真を待受画面にしていると願い事が叶う・・・とか

それで、ご利益を求めて訪れる人が、昨年末から急増している。。。

本当にそうだったのかどうか? 分かりませんが

今の人って、そういう噂の様な話に踊らせられますからね~~

2010年1月19日 (火)

東京でリフレッシュしてきましたが・・・

数年ぶりの東京でした(昨年11月トルコ旅行の帰りに数時間滞在したのは含めません)

それも、一人で慣れない飛行機で。。。

私を東京へ誘ってくれたのは、弘前で開催されたシニアカレッジの延長です。

4期生の同期会を関東で!  とお世話していただいて。。。

30人余りの同期生、その内17名の参加。

数ヶ月ぶりの再会、いやいや懐かしかったですよ!

食べて、しゃべって、情報交換して。。。

2次会は銀座のバーですよ!

おしくら饅頭みたいにしてね、しゃべる事は弘前のことばかりsign01

これって異常じゃないですか?

昨年は 太宰 治 の生誕100年 だったから、大学の講義も太宰については力がはいっていましたが、

生き方が大嫌い、と皆が口をそろえるように云うんです。

でも、太宰の話で幾らでも盛り上がる。

これって、何なんでしょう?

映画も見たけれど、太宰の奥さん役を演じた 松 たか子が可哀想だって。。。

男性陣は口をそろえていいました。

みんな津軽のこと、青森のことが

気になってしょうがないんです。

ある人が言いました。

我々は皆、弘前大学の学長からマインドコントロールされたんだ!

終了式があったけど、実はあれが始まりだったんだ!   って。

私も含めて弘前病にかかっています。

太宰の生き方は、私も嫌いです。許せない!

でも、次の映画が封切られたら、、、見に行くでしょう。

気になってしょうがないんですから。。。

スーパーに行けば りんご が気になります。

手が出るのは 青森産の りんごです。

自分の故郷以上に、気になるんですよ。 弘前が。。。

私の場合、あのシニアカレッジに参加を決めた その事が、自立の始まりなのかもしれないと、思います。

一人では何もできなかった私。

団体ツァーでしか乗った事のなかった飛行機を乗り継いで、はるか弘前まで一人で行った。 

そんな事、取るに足りない小さな事だと。。。

他人は云うでしょう。

でも、私にとっては凄い勇気が要ることだったんですよ!

そこで初めてお会いした人たちと2週間の

  カレッジライフ

これは簡単には言い尽くせない  すごく大きな喜びがありました。

自分の知らなかった自分が、、、にじみ出てきたような~~

日常の営みを全て取り払って、一人の丸裸の自分をさらけ出したとき

其処に見つけた自分は、こんな姿をしていたのか。。。

その姿の自分は、演技をしているようにも思えます。

何重もの、卵の殻に包まれていたら見えなかったものが

殻を取り除いて、見えたようなきがしました。

そして、ふわっ っと、体が軽くなったような~

自然体って、こういう事なんだろうか?

年を重ねて、自然体で生きて行きたいと思うのですよ。

それが楽で、生きやすいかな~?  って。

東京の写真を載せようと思っていましたが、書いているうちに何か気分が変わってしましました。

今日はまだ、津軽の空気がお腹の中で渦巻いています。

耳の奥では 津軽のふるさと のメロディーが聞こえています。

 note りんご~の ふるさとは~  北国のはて~~  note

           http://www.youtube.com/watch?v=IiRJ-Wrl3OU

     美空ひばりさんの歌声を聴くことができます↑

2010年1月 6日 (水)

柚子もち

今日は朝からお菓子をつくっています。

随分以前に教えてもらったもので、丁度今の季節にいいかな?

 柚子もちです

作っていると言っても、電子レンジでとても簡単にできます。

16_003

ここまで、出来たところで、後は切って、片栗粉をまぶすだけなのですが、

もう少し、冷めてからのほうが良いかな? と思い

待っている時間に、PCに向かっているんですよ。

16_002

古いレシピをのせてみましたが(未だPCを使ってなかった時のものです)

ちょっと見づらいですねぇ~

PCで打ちなおしてみますね!では後ほど。。。

材料 白玉粉 150g   砂糖 300g  水 400cc

    柚子表皮 1個分(みじん切り、砂糖を分量の中から少しまぶす)  手粉用に片栗粉 適宜

作り方          

  耐熱容器に白玉粉と水をまぜる。 

  砂糖も加えまぜる。

  電子レンジにかける。ラップはしないで 5~7分くらいして、周りが少し固まってきたら

  1度取り出し、木べらでよくまぜる。

  用意してあった柚子皮も加え、再度レンジにかける。

  2分ずつくらいを何回か繰り返し、その都度よく混ぜ合わす。

  程よく固くなれば、片栗粉を広げた上に取り出す。

  片栗粉をまぶしながら適当な大きさに切る。

delicious 以上です。

岡山の人には分かると思いますが、きび団子のような食感ですよ~happy01

PCに向かっている間に、柚子もちが良い感じに冷め、仕上がりました。scissors

16_004

このレシピの分量でこんな感じです。

16_005

片栗粉は、お菓子専用の刷毛で払うといいですねwink

2010年1月 1日 (金)

新年

明けましておめでとうございます

旧年中は、私の拙いブログへお越しくださいまして有難うございました。

年末にかけては、雑用に追われPCに向かう時間がとれず、トルコのお話しも途中のままお休み状態で、申し訳なく思っています。

新年と共に、新たな気持ちでゆっくりと更新したいと思っていますので、これからも時々お越しいただければ嬉しいです。

皆様におかれましては、今年が心温まる佳い一年でありますように。

                     2010.元旦

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »