« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月12日 (土)

トルコのお話し その5

コメントで頂いたご質問ですが、

「車はどこのものが多いか?」 

う~ん。。。?  車のことは詳しくないので、はっきりしたお答えはできないですが。

まず、私たちが使ったバスは日本製でしたし、他にも日本のバスは結構見かけました。

乗用車でもやはり日本車結構見ましたよ。 ホンダとかね!

ベンツやワーゲンもよく見かけました。

何だか答えにならないですね!

それぐらいしか、はっきり知らないcoldsweats01

ガイドさん日本車かったら、『ほんと、故障しないですよ。日本の車』

『でも、チョットした事故でフェンダーミラーが壊れ、直しに持っていったらすごく高かった!』

と云っていましたが、これは当たりまえですよ!

こちらでも外車は修理すると部品代、高くつきますよね!

   話しがそれましたが、前回の石灰棚観光と遊びの後はもうホテルへ向かうだけ

車窓からの写真を載せますが、ボケて見ずらいのはご容赦。

↓ 大理石 です。 何処を掘っても出てくると云っていました。

1126_095 1126_094

木立も所々で見られますが、この辺りず~っと一面の畑。

収穫が終わった小麦畑や、砂糖大根(最終の収穫中)畑が地平線まで広がっています!

1126_100 1126_093

↑ ここはブドウ畑ですね。

トルコは何でもとれて自給率100%ですから、すごいですよ!

↓ 秋色が深まっています。

1126_101_2 1126_103

↑ バスを待っている様子です、寒そうですね。

鉄道線路が道と並行するようにのびていますが、値段は高いし、時間がかかるし、で、あまり利用されないとのことでした。

1126_106

途中立ち寄ったドライブインです。

とてもきれいで、思わずカメラを向けました。

丁度正面に、偶然トイレの案内が見えています。

この辺りはハチミツやヨーグルトが有名だとか。。。

休憩も含めておよそ3時間半はしり、ホテルに到着です。

基本的にトルコ人しか泊めないという ホテルですが、

何故か日本人の私たちは泊めて下さるのですねgood

夕食はブッフェ。 野菜の料理が数かず並んで。。。

とても全てを口に入れることは出来ません。

スイーツも沢山ありましたが、トルコのスイーツは尋常な甘さではないからねwobbly

温泉プールがありましたが、これは見学だけにして、代わりに本場のトルコ風呂へ入ってみました。 1時間の予約ですが、とてもとても、そんなに長く入れるものじゃないですよ。。。  浸かってはあがって、休み、又入る。の繰り返しをするようですけれど、そんなゆったり気分にはなれない日本人でした。 希望するお湯の温度を予め云っておけば、その温度で入れてあります。

2009年12月 9日 (水)

トルコのお話し その4

記事の更新が遅々としかできません。

記憶のほうが遠のいてしまいそうcoldsweats01

トルコの旅行は大変!  とか、疲れた~ とか聞いていました。

旅行のパンフレットを真剣に見て分かった事ですが、

移動距離がすごいのですよ!

朝ホテルを出発すると、昼前後に観光ポイントが1ヶ所ある。

その観光はある程度歩くことを覚悟しないといけません。

それが終われば、後はその日泊まるホテルまでバスで。。。

1日にバスが走る距離が、 約 450km平均です。

道は良いですし、バスも良いバスでした。

7人のツァーだったので、とてもゆった~り席を使いましたから、

疲れたという感想は持たなかったけれど、

これが20~30人のツァーだと疲れたでしょうね。

1126_052

エフェソス考古学博物館で、アルテミス像

アナトリアの地母神キベレだとか。。。

上半身を大きくしてみます ↓

1126_053

1126_057

アルテミス神殿跡 ↑

今は1本の円柱だけが建っているが、ここに古代世界の七不思議のひとつに数えられる神殿があった。世界で初めての総大理石で、高さ19m、127本の円柱が立ち並ぶ壮大なものだったそうです。

3世紀、ガリア人の侵入で破壊され、荒れ果てたようです。石材は他の建築物のために持ち去られました。

1126_058

神殿跡を望む場所には物売りの人がいます。

トルコの魔よけの目玉を手に

「30個 千円 」と 言いながら近づいてきます。

となりの女性は絵葉書か、パンフレットか売っていますね。

1126_064

イズミールのホテルへ明るいうちに戻ったので、お散歩。

小雨が少し落ちていますが、エーゲ海を見たくて歩いてみました。

頭がグレーのカラスがいたり、恋人どうしかな? 二人ずれ。。。

釣り糸をたれている人など。。。

自転車で、チャイを売りにくる人もいました。

1126_067_2

↑ 翌日になります。 ドライブインでの光景です。

ジュースを絞って売っていますね。 オレンジジュースとざくろジュースです。

ざくろジュースを飲んでみました。

う~ん! おいしい? と言えなくも無い。。。

少し渋みがあるかな(ざくろを半分にカットして皮ごとギュッって絞っただけですからね)

1杯 約250円でした。

ジュースの他にはドライフルーツやナッツなど売っています。

私はお土産用にドライいちじくを沢山買い込みました。 重っ!!

1126_068

ドライブインでトイレを済ませたり、ジュースを飲んだりしている間に、バスのほうは写真のように洗剤までつけて洗車していますよ!

さあ、又バスで走ります。

昼食もしました。

そしてやって来たのが ↓ 雪山じゃなくて、石灰棚を下から見たところです。

1126_073

↓ は上から見たところ 石灰棚の向こうに町がおもちゃの様に見えています。 1126_081 1126_080

温泉が流れているのです!

私たちも靴を脱ぎ、ズボンをまくり上げて、おそるおそる入ってみました。

少し緑色のところは、藻があって、ぬるっ! と滑りそう。

1126_089

1126_084

30分ほど、子供の気分に戻ってとても楽しい時間でした!

1126_076

石灰棚のすぐ上に広がっているのはヒエラポリス遺跡です。

1126_077

1126_075

この地もまた、時代によって様々に表情をかえてきたようです。

ヒエラはお姫様の名前、別名パムッカレ(綿の城)という。

2009年12月 4日 (金)

トルコのお話し・・その3

なかなかパソコンに向かう時間がとれなくてbearing

あれやこれや。。。しなくちゃいけないことが・・

10日ほど家を空けると、こういうことになるんでしょうかトホホsweat01

・・・で、今日は何をお話ししましょうか?

先ず、基本的なことを。

人口・・・日本の半分・7000万人

国土・・・日本の2倍少々・78万K㎡

     アジア側とヨーロッパ側に分かれていて、

     ヨーロッパ側の面積は全体の約3%。

そして遺跡の宝庫

トルコ人とは・・・

1千年前まで中央アジアの騎馬民族だった人々の一部がヨーロッパの方へ移動し始めた。

戦いを繰り返すことで、広くヨーロッパに国土を広げた歴史もあり、人種としては混血が進んだので、アジア的な人やヨーロッパ人の様な人。。

トルコ人としか云い様がないようです。

遺伝子的には、産まれた赤ちゃんには蒙古斑があるそうなので、やはりアジアなのでしょうか。

トルコの人も、自分達はアジアだと、8割の人が思っているそうですよ! 

日本人とのハーフの子供は?

普通、日本人と白人の間に産まれた子供は、あまり日本人らしくない顔立ちになりますが、日本人とトルコ人の間にできた子供は日本人のような顔立ちになるそうです。

習慣が似ている

部屋に入るとき、履物は脱いではいる。

結納金がある。

平均年齢??  何歳くらいだと思うでしょうか?

今までの話はすべて、ガイドさんから聞いた話ですが、この平均年齢を聞いたとき、聞き間違えたかと!本当にそう思いました。

          28.6歳!

若者、子供が多いってことですよね!

毎年、130万人の子供が小学校に入るそうです。

収入・・・・・・・  

国の平均だと 9000ドル

イスタンブールでは2万ドル

カッパドキアだと 4500ドル

東の方では   2500ドル  ということでした。

ガソリンは日本の倍くらいする。

消費税・・・18%

一体どうやって暮らしているのでしょう?

1週間程度の観光旅行では、そこまで伺い知る事はできません。

でもガイドさんの言うことに、

「トルコでは学校の先生が一番可哀相」

何故?

「給料から税金をきちんと差し引いた額を支給されるから」 って。。。

当たり前。。。? 

「他のトルコの人は み~~んな 、ごまかして、脱税しています」 だって!

トルコの通貨は リラ です。

1リラ・・・62.5円くらいでした。

でも米ドルはどこででも使えたし、日本円(特に千円)も結構ひろく使えましたよ。

  又 トイレの話しで恐縮ですが、有料トイレだと 0.5リラでした。

  無料の所もあります。

  有料のトイレには、お金を受け取る人が坐っていて、

  0.5リラを持ち合わせていないと、お釣りも貰えますし、連れ合いと二人で1リラを払っ

  て。。。という事も可能でした。       

1126_059 

↑ 小高い丘に隙間無く張り付いて立っている家々、違法住宅だって!

1126_017

バスから、チラっと見えました。古代の水道橋。

生活圏にこういう物があるってところが、凄いなあ~!

1126_021

↑ 上3枚とも、イズミール(結構大きい街ですが)から、ブログ・・その1 で、UPした古代遺跡に行く途中の風景です。

3枚目、何だって、こんな写真 写したんだ!  

そうおっしゃらないで下さいね!

桃畑なんですって!

岡山の桃畑と比べて。。。 え~ぇ! これが~? って思いました!

エフェソス(遺跡のある辺り)で一番沢山取れるのが、桃とオレンジだとか。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »