« 旅 - 上高地から弥陀ケ原へ | トップページ | 年を重ねる »

2009年7月25日 (土)

旅のおわり

1週間前の事を書こうとしている。

最近は物忘れもひどくなってきているし、その上、世の中めまぐるしく色んな事が。。。

情報が多いのは一体良いことなのか? な~んて思ってしまったりするんだなあ。。。

皆既日食なんかはよかったよね!

悪石島へ行った人たちは気の毒だったけれど、硫黄島への船上で観察した人達は最高だったんじゃなあい?

リアルタイムでテレビで見られるって凄いよね!

何だか其処にいるようにワクワクheart02

そんな事があった後だから、私の旅日記は色あせて、記憶もうす~くなった様な感じがしている。

3日目、雨の弥陀ヶ原(富山県立山町)、ここは観光バスは入っていないので、高原バスに乗って美女平まで下る。( 高原バスは室堂と美女平間を走っている )

ガスに覆われて、見えるのは道の両側だけだ。

天気の悪い日の方が雷鳥が見える確率が高い! なんて言うものだから目をこらして見ていたんだけれど。。。ぜ~んぜん、何にも見えなかったよbearing

それにしても、ヘヤピンカーブの連続sign03

途中で称名滝が見えるポイントがあって、見えるようならバスが速度を落とす。

見えない日は素通りする(笑) と聞いていました。

ダメだろうなあ~。。。

が、何と!!  バスが止まる??

えっ ええー ! ぼんやりだが見えた見えた パチパチ!!

この天候ではこれが精一杯のサービスと云ったところだろうか?

美女平からはケーブルで立山駅へ出ます。

立山駅には成人式3回したガイドさんが待っていました。

出発して程なく、『左手に見える赤い橋、昔は其処から先へ女性が入る事は禁じられて居ました~』 『この辺りをアシクラジと云います~』と説明がある。

あっ! と思ったんです。

昨日の夕食ででた おつゆ アシクラジルと云いました。

そのお汁は 清汁の醤油味、具はのっぺい汁の様な色々な根菜が入っていました。

「アシクラジルってどうゆう意味ですか?」

「この辺の地名です」

ふ~ん

っと云った感じだったのね、その時は。。。

でもね、 バスガイドさんの説明を聞いていて あっ! と思ったのは

その時に 頭の中の細い線が繋がったんだなあ~~

この旅行中あっちでも、こっちでも 今話題の映画 剱岳(難しい字が出てこないのでご勘弁)点の記 のポスターが貼られ、関連のDVDを放映していました。

私もすでに見ていた映画です。

剱岳に登るにあたって、山のガイドを 『アシクラの人に頼む・・・』 とか云っていませんでしたか?  私も映画を見た時点では地理が頭に入っていなかったし、記憶も鮮明ではないので間違っているかも知れませんが?

バスガイドさんの話は 剱岳の名ガイド=宇治長次郎、佐伯平蔵、佐伯トミオ。。。とか云っています。

頭の中でバラバラの記憶が少しずつ繋がっていく。。。

そんな嬉しい感覚をおぼえ・・・あの映画をもう一度みたいな~~  と。

そうこうしているうちにバスは富山湾に近い処まで進んだ。

晴れてきた!! 

やがて最後の観光地 

白川郷です。  先ずお昼ごはんdelicious

718_072 718_069 718_073

ほうば味噌が美味しかった! やまめの甘露煮も!

718_077 718_081 718_079

アジサイがこんなにきれい

718_084

走り書きのスケッチ1枚しましたcoldsweats01

名古屋駅から新幹線で岡山へ。。。。

楽しい旅でした。

« 旅 - 上高地から弥陀ケ原へ | トップページ | 年を重ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅の記念にスケッチが残せるなんて素敵です。
折に触れて紹介されている絵ですが、暖かい色使いでいいな~と感心して見せていただいています。
遠い昔、12~3人で雑魚寝をした白川郷のお宿を思い出しました。
まだまだお土産屋さんなどありませんでした。

いろいろ盛りだくさんの楽しい旅行になってよかったですね。写真も素敵ですけど(tomokoさんの写真もいい構図ですよ(^O^)/絵心があるからですね)なにより、スケッチがいいですね~。走り書きなの?これでsign02
 山はあっという間に晴れることもあるけれど、急に霧が出たり雨が降ったり天候が一変するので怖いですね。若いころ室堂付近で、あっという間に霧で前が全く見えなくなり、自分の足もとも見えなくなって、友達と二人、泥にはまってしまったことがあります。本当に白一色になってしまったんですよ。
 最近山へは行っていないので、中高年の遭難にならないように気をつけて、行ってみたいなfuji

映画「剣岳」の舞台、立山あたりよかったですか。映画の中の景色もよかったけど、実際はもっと感動したでしょうね。
白川郷は随分前に行ったことがあります。
のんびりしたいい所でした。
スケッチもすてきです。
上手ですね。

旅に出て景色を見れて素敵にスケッチできるtomokoさんは素敵ですよ。
白川郷に行って見たくなりましたよ。
山のお天気は変わりやすくて旅には合羽や傘ははずせませんね。
以前黒部で紅葉を見たあくる日の黒四ダムは雪 もちろん室堂は一面の銀世界でした。
これも懐かしい思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅 - 上高地から弥陀ケ原へ | トップページ | 年を重ねる »