« 旅のおわり | トップページ | 百日草 (ジニア)  と かんぴょう »

2009年7月27日 (月)

年を重ねる

年を重ねる。。。

平たく言えば、年をとったってことですよ!

年をとるという事は、一体全体何なんだ!

悪い事ばかり多くなって!   先が短くなって?

これはこれで。。。いや全く・・・そうだ! そうなんだ!

でも、ここでよ~く思い返してみて!

そうとばかりは。。。言えない・・・かも知れない

嫌な事のほうが、ぐぐぐっ=!!  と、凄い勢いで押し寄せてくるから、

そりゃあ 嫌だよ~

現実、このところ肩が痛くて、腕があがりにくいし。。。

膝も時々だけどわるくなるし、

あ~~ぁ、目なんか最悪! 細かい字を見つめたりしたら、たちまち目が痛いんだ!

力が弱くなった、腰もすぐ痛くなる!

こうして一つ一つ数えていると、そりゃもう

きりがないから、ここらで止めにするけど。。。

もう一つ一番大きな事を書き忘れてたよ!

物忘れが !!  なんでこんなになっちゃったんだろうって !!

でも、

平凡な毎日を、唯積み重ねているようにみえるけど、

その中で色々な経験を重ねているんだよねえ~

バラバラとした、経験や知識(と云うほどじゃなくても)が少しずつ増えてくる。

新たに入ってきた知識(ここでは解りやすくするために、知識としておく)が、

引き金になって、それまでバラバラだったものが引き寄せられるように繋がることがあるんだ!

こういった時、まるで先日、上高地で味わった天候のように

いままでガスに巻かれて真っ白だったものが、一瞬にしてガスが晴れ、青空が広がった様な清々しく、嬉しい気分を味わえる。

それまでは、単に、余り意味のない、ひらがなの一文字一文字だったものが、磁石で引き寄せてみると、単語として意味のあるものになっている。そんな感じだ。

ごく最近の経験を言えば、一つ前のブログに書いたアシクラ汁→アシクラ寺→映画・剱岳と、こんな風に繋がった時の喜び。

この喜びは、自分だけの喜びであって、他の人には何て事もないんだが。。。

でも暗雲のなかに突然射し込んできた太陽の輝きに感じられる。

チョット話を戻すと、アシクラという漢字が、アシは芦。クラはパソコンで出てこないんだが山偏に弁と書いてありました。(ホテルのメニューに)

もう一つ、これも最近のことだが、私の拙いブログにコメントを付けてくださる方。

(マイプライベートタイムのスヌーピーさん)が7月26日、ブログで書いていた、たねやの蓮子餅・・・(私はこの蓮子餅を知らないんですが)こんな説明が書いてありました。

一個ずつ、小さな風船状のゴムに包まれていて、皿の上で付属のピンでプチッとやぶると、ぷるぷる、とろっ、と。。。。。これに黄な粉をかけて云々と。

これをよんで、昔の子供の時の懐かしい記憶がおぼろ気に甦ってきた。

ゴムにくるまれていたのは、羊羹だったとおもうのだが・・小銭をにぎりしめて行った駄菓子屋の風景を思い出した。

それから~~

月2回行っている「朗読」の教室で、奇しくも今日、私が読んだもの。。。

向田邦子さんの「ビリケン」  ・・・ その一部を紹介しよう

石黒は、小さな針がどこかに刺さったような気がした。  子供の頃、ゴム羊羹というのがあった。  ゴムで包んだ中位のソーセージの格好をした羊羹である。 頭のところを針で突っつくと、面白いようにブルンとむけて、ツルンとした羊羹が飛び出してくる。  石黒にとって、神田の神宝堂というひとことは、ゴム羊羹の針であった。

こんな様に、いちいち、取り上げて言うほどのものではないけれど。。。

これも又、子供の頃。。。砂遊びをして手が砂だらけになる。

その手をじっと見ていると、沢山の砂の中に キラキラ っと光る砂があったものだ!

うわ~っ!  金! 金だ!

凄いものを見つけた気がした!

何の役にもたたない。どうすることも出来ない物だったけれど。。。

興奮したよ。その時は!

私は今、それと同じような遊びをしているのかもしれないなあ~。

そう言えば~  年をとると、子供に返るっていうよな~~~

« 旅のおわり | トップページ | 百日草 (ジニア)  と かんぴょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
年を重ねる、もう何年も「年を重ねるっていやだなー、目は見えなくなるし、(メガネをかけてる)忘れっぽくなるし」と愚痴を言うことの多かったのですが、tomokoさんのような発想でのりきるとたのしくなりそうですね。旅のおわりのブログのスケッチすてきですね。私も旅の途中であんな風に描けたら旅がもっと楽しくなるのにとうらやましくなりました。白川郷の建物もすてきですね。是私私も訪れてみたいです。でも行きたいところです。

tomokoさん
お返事に書き忘れたのでここに書かせてもらいます。
鯉が窪湿原の花の開花時期ですが
7月、8月、9月が圧倒的に多いです。
今頃が一番良いと思いますが、9月にもう1度行けばベストです。

こんにちわ~
今日は久しぶりのお天気です。
外は暑いですが今パソコンに向かっています。
少し元気が戻ってきました。
やっぱり歳ですね。
眼科でも老化現象ですって。、、。
飛蚊症が表れてしまいました。

蓮子餅ですが  子供の頃羊羹であったのを覚えていますよ。
蓮子餅よりは大きかったような!
歳をとると昔が懐かしくなるこのごろです。

tomokoさんこんにちは
やっとお邪魔しました(笑)
わあ~すごい・・ときれいな写真の数々とお菓子につられて
ずっと前までさかのぼっていたら・・
パソコンがフリーズしました・・(笑)
私はあまり他のブログを見せていただくことがないので
どうやらびっくりしちゃったみたいです(笑)
元気をいっぱいもらったので、重い腰を上げて買い物に行ってきます
どうもありがとう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅のおわり | トップページ | 百日草 (ジニア)  と かんぴょう »