« 子供の頃の記憶 | トップページ | 初めて見る・可愛い花! »

2009年5月29日 (金)

青春の詩

夫が部屋の片付けをしたらしい。

賞状を入れるような筒状のものが置いてあった。

賞状入れにしてはすごく大きいなあ(長さが長い)?

中に入っている紙の角をつまむようにして引っ張り出してみる。

と、それは随分前、ある方に戴いた 詩 であった。

ああ、私にも覚えがあるわ!

『この詩、いいでしょう~!』と、とっても気に入っていらっしゃる感じで。。。

その方が 私たちにも下さった物だった。

しばらく貼っていたのだが、いつの間にかはずしてたんだね。。

戴いたとき、申し訳ないけれどそれほど・・・

すっごく感動するって感じじゃなかったよなあ~。

その詩って、何よ?

っていらいらしてる?

早く教えろ! って?

まあまあ、今、書こうとしているんだから~

あのね、 それは

 青春 っていう詩なの

書いたのは  サミュエル・ウルマン  邦訳 岡田 義夫

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯だをしりぞける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や狐疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。 これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽い(おおい)つくし、皮膚の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

以上がその全文です。

ウルマンが70代で書いたものだそうで、私もその年に近づいてきたせいか、

ああ~  そうなんだなあ~ 、そうかそうか!

っと、共感できたり、教えられたりする思いで改めてこれを心に留め置きたいと。。。

夫にも 「毎日一度は声に出して読むといいよ!」 って言った手前

私も そうしようと (毎日は無理でも) 。。。思っているところなんです。

昨日テレビで、私の好きな 岸恵子さんの【百年インタビュー】という番組があったので見ました。

その中で ご主人だった方の言葉でしたが

『卵を割らないとオムレツは出来ない』 と云う言葉に 

なるほど、そうだそうだ!  と思ったり、

又、岸さんのメッセージで、これは何度も繰り返し言われましたが

『扉を自ら開いて、身を乗り出さないと  新しい風は入ってこない』 と。

私が丁度今、どうしようかなあ~~  と、決めかねていることに

背中を押してもらった気がした言葉でした。

 ・・・ それにしても岸恵子さんはお綺麗で、お若い!  お年をきいてびっくりしました。 大きい声では言えませんが、後期高齢者の通知をもらっているそうですよ。 ・・・

« 子供の頃の記憶 | トップページ | 初めて見る・可愛い花! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

身体の老いは、これはどうしようもありませんが、心だけはいつまでも若々しくいたいです。それには好奇心を持つ、おっくうにならず外へ出て行く。いろんなことに興味を持って頭を柔らかくする。
いつまでも心豊かにしておきたいです。

こんばんは

青春、いい詩ですね。
難しい表現もあるけれど、なるほどと思わせる言葉の響きもあって

岸恵子さんは本当にいつまでたっても若々しくて素敵な方ですね。にこやかな表情もすてきですが、張りのある独特の話し方が好きです。

おはようございます。

少々難しいですが、自分が老いていっている事を実感します。
広い包容力のある心を持ちたいと思います。

話は変わりますが、昨日まきちゃんと「松崎牧場」へ行ってきました。
細い道でしたが、ご案内のとおりにちゃんと行けました。美味しいジェラードを食べました。
私はシングルでしたが、まきちゃんはダブルを… ないしょ!weep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供の頃の記憶 | トップページ | 初めて見る・可愛い花! »