« 緩和ケア病棟のひな祭り | トップページ | 鞆の浦のひな祭り »

2009年3月 6日 (金)

あけぼの椿

0935_009

昨日、外出から夕方帰宅すると、玄関脇の古くてとても小さな椅子に新聞紙の包みが置いてあった。 

この小さな椅子は。。。たしか~~ 次男が中学生の時、教材で作ったもの? 青いペンキが塗られていたのだが、長い年月外に置かれ、すっかり青い色は剥がれ落ちている。 でもこの大きさが玄関脇でとても重宝しているのだ。  時には回覧板がおいてある。 椅子の足元に立てかけるようにして野菜が置かれていることもあったり、チョットしたお土産が置いてあったりもした。 

今日の包みにはやさしい色の椿の花。結構たくさん花がついている。  誰かしら?  

っん!  メモが付いている。 『先日はミモザの花をありがとう。。。   我が家の曙椿です。枝が短くて、活けにくいですが何処かに飾っていただければ幸いです。 ○○』

○○さん?  俄かには思い出せない!  はて? 誰だったかなあ~ 

あ~あ~ 嫌だなあ~sign02 (こういう時、すっごく自分が情けなく感じる。頭の中も胸の中も嫌~な物質で埋め尽くされ、それが頭と胸との両方で台風の風の様に、メチャクチャに方向を変化させながら暴れまわるのだ!)

○○さんというお名前は思いだせないのだが。。。ミモザを差し上げた人? と言えば。。。  

Yさん、Hさん、Sさん・・・ ・ ・ 

あっ!  誰かその場で切って差し上げた人がいたなあ~! 

え~っと・・・あれは~?  

そうだ!!  水彩画を描く人だ!! 

あ~~っあ~sign01   良かった  不安物質がすーっと 消えて 一安心coldsweats01

こうなれば後はゆっくり、じっくり・・・お花を楽しみましょうheart02

お風呂上りにハガキ大の紙にスケッチpencil

0935_008                   0935_010

話は前後しますが、昨日は大阪に用事で出掛けたついでに難波、高島屋で開催している

細見美術館10周年記念展 《日本の美と出会う》 を観てきました。

明治34年兵庫県生まれの 細見良 は13歳で単身大阪へ出て、毛織物業界に入った。宗教美術や茶道具に高い価値をおいてコレクション

息子 細見實 は江戸絵画を収集

孫 細見良行 は現代美術が主力  らしいです。

前知識 ゼロ で出掛けましたが、琳派の花づくし でその華やかさにうっとり。。。でした。  

それにしても人が多いこと! そして関西のおば様たちのよくおしゃべりになる様には恐れ入りましたよ!  自分の知っていることは全部吐き出さないと気が済まないのでしょうねえ~coldsweats01  相手の方も聞くのに慣れている? いや~ ご自分もそん色なくしゃべっているからつりあっているのでしょう!!  感心しますwobbly

0935_013 0935_014                                   0935_012

大阪高島屋は3月9日まで

京都高島屋 3月11日~3月23日まで

日本橋高島屋 6月3日~6月15日まで

名古屋タカシマヤ 12月28日~1月11日まで

« 緩和ケア病棟のひな祭り | トップページ | 鞆の浦のひな祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

名前思い出せてよかったですね。
このごろは名前や、物をしまった所がわからなくなり困っています。思いだすまで気になってしかたありません。
歳でしょうか。

なまえのとうり春らしい色のなんとも優雅なつばきですね。
素敵な美術展に出会えてよかったですね。

こんばんは
あけぼの椿の色にうっとり!
なんとも美しい色です事!
スケッチにされてますますおすまし椿さんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緩和ケア病棟のひな祭り | トップページ | 鞆の浦のひな祭り »