« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

レアチーズケーキ

この前、早起きして作ったケーキです。

327_001

ボトムが黒いので 【 ブラックボトム・レアチーズケーキ 】 という名前が付いています。

何で出来ているか? チョット気になるでしょ!

市販のクリームサンドクッキーですよ。

327_003

これです。

な~んだ!  って思いますよねhappy01

クリームを丁寧にはずして、クッキーだけをフードカッターで細かく砕き、溶かしバターと混ぜ、ケーキ型に敷きこんで空焼きをします。

チーズケーキ部分はヨーグルトや、サワークリームも入っていて、こってりし過ぎず美味しかったですよ。

突然の来客があったときに手作りケーキがタイミングよくお出しできたときって、とても嬉しいですね。

2009年3月26日 (木)

レモン

今朝は早起き(4時)をして、お菓子を作る。

何でそんな時間からお菓子なんかを? と思うのが当たりまえでしょう。。。

これには私のずぼらな性格がそのまま現れているんです トホホ…

なにせ明日が、お菓子を一緒に作りましょう! というその日なんですから。

レシピ作りまでは昨夜しましたが、肝心の試作が後回しになっていて。。。

さくらのシフォンケーキは試作もしたし、あれで良い! 

もうひとつ、レアチーズケーキを新しいレシピでと考えていたので、こっちの試作です。

レモンの絞り汁を使いますが、私はなるべく国産のレモンを使いたいと日頃から思っています。

326_001 農薬の心配が気になる。

これが1番の理由ではありますが、

チサンチショウと云う言葉を耳にし始めたのは何時の頃からでしょう?

そしてエコ。。。

難しいことは偉い人にお任せするとして、砂粒よりも小さい私としては

輸送費(燃料)がなるべく少なくてすむ、地元で出来た物。

これを使いたい!

そうすることで、地元を活性化させることにも繋がる!

地元が沈んでしまっては大変だもの!

326_005 今日はレモンの汁を使うだけなので、皮は不要。

でもこれを生かさなきゃ!

エコに繋がらない。

中の袋をきれいにとって、

写真手前の状態で冷凍庫へポイ!

幾つかたまったらこれをジャムに煮ます。

やさしい味の美味しいジャムになりますよ!

国産レモンだと安心してジャムにできるわけ!

326_003

こうしてブログを書いている間にもチーズケーキが冷蔵庫の中で固まってきていることでしょうheart04

美味しく出来上がることを願いながら。。。

2009年3月25日 (水)

桜・さくら・・・シフォンケーキ

今年の春は、駆け足でやってきたというよりは、私の感じ方としてはダッシュして。。。

そんな風に感じるほど、全国的にも花便りが早く聞かれるcherryblossom

例年だと、花便りを待ちこがれる感があったものだ。 

これでやっと寒い冬に別れを告げて、草花の芽が輝き、生きとし生けるものの躍動感にあふれる季節が来る!

そんな嬉しい花便りだったのだが。。。

今年、花便りそのものは同じように、春を届けてくれる嬉しい便りではあるのに、その中に一抹の不安が潜んでいるようで。。。無邪気に万々歳とは喜べない複雑さがある。

そう感じざるを得ない根源は何か?

自分という、小さな小さな・・・海辺の砂の一粒にも満たない小ささ・・

その私の思うところ、地球の異変!

急速に進む温暖化の影響の怖さである。

そこでだ!

砂粒にも比べられない小さな人間が一人頑張ってみたところで。。。

どうにも、変えることなぞ出来ようはずが無い!

でも。。。

小さい、一人ひとりが、己の出来ることで、努力を惜しんではいけないのです。

さくらが。。。岡山の街の中でも咲き始めてきましたcherryblossom

日本人であれば、誰もが桜には特別な感情を持っていることでしょうheart02

昨日、やはり早朝のラジオから【さくらnote】が流れておりました。

森山○○さんの澄んだ声。。別れの季節にぴったりの歌ですね!

さくら舞う時に又きっと会いましょう! といった内容でしたよね。

さくら。。。私には昨年大好きになったもう一つの歌も重なって聴こえてきました。

それは 竹内まりあさんの 【人生の扉】

note 春がまた来るたび ひとつ年を重ね

  目に映る景色も 少しずつ変わるよ

  陽気にはしゃいでた幼い日は遠く

  気がつけば五十路を超えた 私がいる

  信じられない速さで時は過ぎ去ると知ってしまったら

  どんな小さなことも覚えていたいと 心が言ったよ

  満開の桜や 色づく山の紅葉を

  この先いったい何度見ることになるだろう

  ひとつひとつ人生の扉を開けては感じるその重さ

  ひとりひとり愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

  君のデニムの青が褪せてゆくほど 味わい増すように

  長い旅路の果てに輝く何かが

  誰にでもあるさ  note

限りあるこの時を大事にだいじに~ そ~っと両手ですくい取るように。。。

そして、我々日本人の心とも言える、この桜を

ず~っと、後の人達にも楽しんでもらえるように。。。

今の自分に出来ることは何だろう?

昨日、ケーキを焼きました。 

シフォンケーキです・・・・・ さくらのイメージでcherryblossom

    

325_044

325_039

325_040

325_041

塩漬けの桜、花と葉の両方を使いました。 どちらもぬるま湯で軽く塩を抜き、刻みます。少し食紅で色を補いました。

325_043

焼き上がりに写すのを忘れていて、少しへたってしまいましたが、味は良いように。。。

2009年3月22日 (日)

雨の日曜日

春、お天気が良ければ戸外で春の息吹をたっぷり愉しみたいところ。。。

だが今日は残念ながら予報通りの雨

こうなると出掛けようといった気分が全くおこらないのです。

さてさて・・何をするべきか?

判っているんだ・本当にしなければいけないことがあるんだ!!

でも、それは積極的にはしたくない・何となく億劫!

私の悪い性格! 怠け者め!

と自分にむかって内なる怒りの声がひびく。

こう云う時に、母の言葉を ふっと 思い出すんです。

それは母が死の病を得て、随分身体が弱っていたころでした。

すでに一人暮らしとなっていました。 

庭を挟んで暮らしている兄夫婦が、細かく面倒をみてくれていましたので、私と姉は交代で、唯一緒に居る。。。その為だけに交代で泊まって居た時の事です。

日常の小さなこと。。具体的にははっきり覚えていないけれど。。

たしか~  着替えた洋服を枕元にきちんとたたんで、明日への備えを整える。

そんな事だったように思うのですが~

自分の思うようにきちんと出来にくくなっていたのですねえ~

『以前の私は~ こんな怠け者じゃなかったのに~。。。』とポツリと一言。

そんな母に育てられた私。。。

なんで?  どうしてこんなに 面倒くさく思うことが多いのだろう?

母に対して申し訳なく思う

地に足をつけて暮らす

基本中の基本を、どこかに置き忘れている。

自分の人生、自分勝手にすれば良い?

いやいや!  それは大間違いだ!

やはりこの世に生を受けた一人の人として、当然あるべき暮らし方というものがある!

これまで、何と我儘に自由勝手にきたことか! 

そろそろ基本に立ちかえろうではないか?

そんな事を考え始めた。。。

足るを知る。。。こんな言葉も胸を横切る

  317_024 317_022                                    

                   317_025ピンク色のは においすみれ

紫色は 自然に生えてきたビオラ?

2009年3月20日 (金)

ラジオ深夜便ー心の時代

昨夜なかなか熟睡ができないで、とうとう4時過ぎ、目がさめてしまいラジオをつけた。

NHKのラジオ深夜便で《心の時代》の番組が始まったところだ。

医師 朝日俊彦先生・・・ 5~6年も前になるだろうか? 緩和ケアの一連の講座を受けたときにこの先生のお話があったのを直ぐ思い出した。 それほど印象深い講義だったのです。 印象深いとここで私がいうのは、話の内容がこれこれで・・・と言えるほど覚えていないのですが。お話が楽しかった!! と云うことで、お名前を記憶していたのです。

終末期医療・・・在宅ホスピス・・・ そんな分野に大変力を入れておられる。 そう認識しておりました。

なんと! この番組で初めて聞きましたが、その朝日先生が癌!!

昨年の9月だそうです。 何か食欲がなくなって・・・肝臓の数値が乱れて・・・

それで調べてみると、おそらく胃ガンを原発としているであろう腫瘍が肝臓に拡がって。。

手術できる段階ではない!  何の自覚症状もないまま、見つかったときはすでにこうだったそうです。

10月11月と死の準備をすすめたと。。 

おそらく大勢の方が来て下さるだろうからDVDにお別れの挨拶を入れるとか、

開業して間が無いクリニックがちゃんと続いていくようにとか、

そうそう! 大事なことが抜けましたが、クリニックの仕事を続けられるように、我儘をきいてもらって、抗がん剤治療は土日にしてもらう。  この抗がん剤治療はやはり、きつい!

熱が38,5度もでる。 食欲が全くなくなる。

それなのに月曜の朝がくると、熱が下って仕事に行ける。 帰宅すると又熱がでる! 土日は熱がでる!

こんな感じで仕事を続け。。。元気な時の(病気になる前の)先生は、患者さんの病気を診ていたが、今は患者さんを人間としてみるようになったそうです。その人の家族や、考えや暮らしや。。。

時には癌の悩みを訴えてくる患者さんを抱きしめて、エールを送りたくなることがあるとも話しておられました。

100歳位のおばあちゃん患者さん、ご家族が相談にこられました。 

先生)  夜はぐっすり眠れるようにしましょう! そうすればご家族も助かりますから。

次におばあちゃんに向かって

先生) おばあちゃん、今一番したいことは何ですか?

おばあちゃん) 一日も早くおじいちゃんの所へ行きたい

先生) それでは、点滴などはせずにおきましょう

おばあ) それでいいです  

先生) おじいちゃんの所へ行くには三途の川を渡らないといけないけれど、クロールで渡    るか、平泳ぎで渡るか、渡り方にも色々あるよ

・・・先生はこんなことまで立ち入ってお話出来るのですね!・・・

そんなこんなで、食欲は無いのだし、おじいちゃんの所へ早く行きたいのだから、無理に食べなくてよし。  ある日おばあちゃん『チョコレートを1枚食べたい』と云ってそれを食べた。

翌日、眠るように亡くなったそうです。

進んだ癌になって、諦める事、やるべき事、がはっきり見えてきた。

家族で明るく何でも話す。

妊娠中の娘さん 『マタニティーの喪服は持ってないから、赤ちゃんが産まれるまで、死ぬのは待ってね!』と云うんです。

年が明けるころから少し考えが変わってきて(前向きになった?)もう乗ることもあるまいと思っていた飛行機に乗って沖縄へ行ったり、

元気で過ごしてきた60年余が、いかに周りの人々に生かされていたか。。。今度は今の自分に出来ることで恩返しをしようと、それが私の使命と思っているそうです。 

だから時々、お腹(胃ガン)をさすりながら、お前にはお前の使命があるだろうが、私も使命があり、私なりに付き合ってきたから、そのうちにお別れしたい。。。と話しかけるって!

大まかに、(私の勝手な受け取り方ですが)書くとこんな感じのお話を、実に愉快に、笑いをたっぷり交えて、話されました。

今朝も2回目のお話がありました。 ブログでは1、2回の話が混ざっています。

朝日先生これからもず~っと愉快な話しっぷりを楽しませて下さい。

2009年3月18日 (水)

春の庭ークリスマスローズ

近年とても人気がでている様子のクリスマスローズ、私も大好きな花✿

私の庭にはまだ余り沢山の種類はないのです・・・

落葉樹の下などが植え場所として好ましい・・・この条件にあてはまる場所があまりない。

昨日UPした椿の下、そう貝母が咲き始めている場所に幾株か植えてあります。

317_011

317_009

317_015317_014

317_013317_018 

317_016317_017 

今年は花つきが少ないような?  昨年の日当たり具合などの条件というか、手入れの仕方がおろそかだったか?と花の時期になって反省したり。。。。。

37_005

先日UPしたダブルの花、我が家の新入りで~すheart04

先輩たちと仲良く大きく育ってほしいものです。

2009年3月17日 (火)

春の庭

春が・・ 心弾む春が・・ 我が家の庭にもやってきたheart02

花が 何よりも好きhappy01 

そう言っても過言ではないくらい、私は花が好き! 自然が好き!

でも好きだから、さぞ素敵な庭かときかれたら・・・

それとこれはイコールにはならないのです。

そこが辛いところですね。 私とて理想とする・・・思い描くイメージはあるものの、そこはそれ! 先立つものや、体力や、時間や、立地条件や。。。。色々と制約が多くて、思うようにならないのがこの世の常! というものでしょうsad

先週末あたりから、お天気が良くなってきて、何だかしばらくぶりに庭仕事をしよう! そんな気持ちになりました。 じっくり・・しゃがんで・・わが愛する庭と対面してみると!!いつの間にか春が訪れているではありませんか! 芽が次々のぞいて。。。

         317_027            317_028

 317_026                   名前がはっきりしないのですが?

 もしかしたら、二人シズカ って言うのでしょうか? 10cmに満たないくらいの高さです。

植えてあったのを忘れていたような、そんな植物に突然今日は!と声をかけられ・・胸の内がパア~っと明るく輝く。

317_002 317_006

317_004

ばいも(貝母)が咲き始めました!

目立たない地味な花。 でも母の思い出に繋がる大切な花。

317_019

317_020

317_021_2

   

貝母の上で盛りを過ぎようとしている大きい花の椿です。 少し前まではヒヨドリが蜜を吸いに来て花を傷めてしまっていましたが、ヒヨドリは山に帰ったのでしょうか? あまり来なくなりました。

お日様に背をむけて(太陽の暖かさを背中で受け止め)草をとり、好きな植物と会話をする。。。これが私の大好きな時間、一番自然体の自分でいられる時間。

少しくらいの頭痛なら忘れてしまえそうな。。。溜めてしまっている面倒な仕事さえも忘れさせてくれる?(これって本当はダメなんだけど。。。)そういう幸せの時間。

唯、体力が衰えて、長続きできなくなってきたのが何とも残念で悔しいねっshock

病気になったり、もっと歳を重ねて庭仕事が全く出来なくなったら。。。私は私でなくなって。。。その時はどうしたらいいのかな? 

その時のための別の楽しみ方も探しておく必要があるのか?

今に感謝、感謝heart04

2009年3月11日 (水)

家族の絆って?

いつもの朝と変わらない時がゆったり流れる。

朝食中もテレビがついている。新聞を見終わった夫は意識の大半がテレビに向いている。  私はというと、音声は耳にしながらも、目は新聞の見出しを追っていたりするのだ。

朝食はあっという間に終わってしまうのだが、ご飯好みの夫と異なり、パンが大好きな私は、なかなか夫と同じ朝食で済ませられない。 最期にはどうしてもチョット甘いものがほしい。 大好きではあっても、それだからこそパンだと食べ過ぎてしまうので、極力買わないようにしているし、買っても1日分意外はすぐ冷凍するようにしている。 が、昨日夫が出掛けたついでに私にとパンを買ってきてくれた。 だから今朝はカフェオレとあんぱんdelicious

食後の食器洗いは夫の仕事。 習慣になって、もう随分年月が経つ。(毎食後です)

最近は花粉が多い季節でテレビでは今日の花粉情報があるし、花粉症ではないけれど、鼻炎はあるから、洗濯物を室内に干している。  その洗濯物干しも夫がしてくれることが多くなってきた。 あ~あ そろそろ主婦卒業かなあ~ じゃなくて、主婦失業?かも。。。

そんな時間が流れていく。。。と、付けっ放しのテレビから間寛平さんが70日間のヨットによる太平洋無寄港横断を無事終えてロスの港に入ってくる様子を映し出している。

航海中も電話や映像で繋がっていて、『家族に会いたい! 会いたいから頑張って航海せんとあかん』みたいなことをおっしゃっていました。

そしてロスの港には奥様が待っておられ、二人とも涙で手を取り合う姿が。。。こちらもジーンと胸にくるものがありました。 

家族に支えられ。。。と話していましたが、家族って不思議だな~。これって何なんでしょう? 大切な人、血のつながり?

自然体で居れる相手、空気のような存在とかも一般的に言いますが、これって云う確実に明言できるものは無いように思うし~~ 

いつまでも一緒に生きていくことが許されない。 それが判っているから今が大切? 

そんな事は頭ではみんな判っている。  でもそれだけでは、家族の絆とは言えないと思うし~~

まあ~いいや!!  

一緒にご飯を食べ、あれもこれもしてもらったり、面倒でもしてあげたり。。。。

それで良いんでしょうかねsign03

092_018

我が家のサンルームで咲いています。

092_017

2009年3月10日 (火)

そば粉のガレット

昨日は6人ほど人が集まったので、急に思い立ちおやつを用意しました。

いつもの事ながら、前もっての準備をしていないので、その時手元にある材料で、簡単に作れるもの。。。?

それでそば粉のガレット(クレープ)になったわけ

39_001

先週、土曜日の朝に気分良くつくったりんごジャムを使いましたscissors

クレープの作り方は省略して、分量だけのせますね。

そば粉 75g/ 砂糖 25g/ 塩 少々/ 卵 3個/ 溶かしバター 5g/ 牛乳 250cc/ りんごジャム 適宜/

今回はクレープが大きかったので半分に切って、ジャムを少なめに巻き込みましたが、デザートでお出しするなら、クレープは1枚を細くクルクル巻き、ジャムをソースのようにかけてもいいですねapple    そばアレルギーの方はダメですよ!

2009年3月 9日 (月)

鞆の浦のひな祭り

昨日の日曜日、いや~~ 久し振りに少しだけ遠出rvcarしました。

今までの重い気持ちを癒しに? そうとも云えますね~ まあ、気分転換といったところです。 何分ずぼら夫婦ですから前もっての計画なんて云うものはないんですよcoldsweats01

朝起きて、雨は降ってないから、何かしなきゃ! 何処か行かなきゃ! ってな感じで。。。

それで、あまり遠くじゃなくて、まだ行った事のない鞆の浦へでも。。。

丁度、おひな祭りの最中です。

8時半、家を出発  意外に車が少ない!  私の運転でも1時間半で目的地に着いた。

ここでチョット説明を入れますと、広島県福山市鞆の浦とかになるんだと思います。JRだと福山で降りて、バスで30分くらい。38_001 38_003                

38_004

38_007

朝食抜きでrvcarを走らせたので、 

とりあえず何か食べられる所へと入ったのがビスクドールで作ったお雛様を飾ってある古い古いお家 桜ヤ です。38_011

38_010_238_009                

鞆の浦の町は保命酒の街です。(養命酒に似たお酒)

接待で戴いた甘酒も保命酒の酒粕で作ってありました。

38_019

38_021 38_013                      

38_018

鞆の浦から渡船で5分、仙酔島の国民宿舎でお雛ご膳を戴きました。

38_024

38_016 

鞆の浦は暖かいのでしょうか?  花にらが咲いていました。 そして猫が沢山いました。

鞆の浦の町並みは魅力的! 古いお家が沢山残っています。それらが現役であるのが嬉しいですね。 今はサヨリのシーズンらしくて、港近くではサヨリが沢山干してありました。

2009年3月 6日 (金)

あけぼの椿

0935_009

昨日、外出から夕方帰宅すると、玄関脇の古くてとても小さな椅子に新聞紙の包みが置いてあった。 

この小さな椅子は。。。たしか~~ 次男が中学生の時、教材で作ったもの? 青いペンキが塗られていたのだが、長い年月外に置かれ、すっかり青い色は剥がれ落ちている。 でもこの大きさが玄関脇でとても重宝しているのだ。  時には回覧板がおいてある。 椅子の足元に立てかけるようにして野菜が置かれていることもあったり、チョットしたお土産が置いてあったりもした。 

今日の包みにはやさしい色の椿の花。結構たくさん花がついている。  誰かしら?  

っん!  メモが付いている。 『先日はミモザの花をありがとう。。。   我が家の曙椿です。枝が短くて、活けにくいですが何処かに飾っていただければ幸いです。 ○○』

○○さん?  俄かには思い出せない!  はて? 誰だったかなあ~ 

あ~あ~ 嫌だなあ~sign02 (こういう時、すっごく自分が情けなく感じる。頭の中も胸の中も嫌~な物質で埋め尽くされ、それが頭と胸との両方で台風の風の様に、メチャクチャに方向を変化させながら暴れまわるのだ!)

○○さんというお名前は思いだせないのだが。。。ミモザを差し上げた人? と言えば。。。  

Yさん、Hさん、Sさん・・・ ・ ・ 

あっ!  誰かその場で切って差し上げた人がいたなあ~! 

え~っと・・・あれは~?  

そうだ!!  水彩画を描く人だ!! 

あ~~っあ~sign01   良かった  不安物質がすーっと 消えて 一安心coldsweats01

こうなれば後はゆっくり、じっくり・・・お花を楽しみましょうheart02

お風呂上りにハガキ大の紙にスケッチpencil

0935_008                   0935_010

話は前後しますが、昨日は大阪に用事で出掛けたついでに難波、高島屋で開催している

細見美術館10周年記念展 《日本の美と出会う》 を観てきました。

明治34年兵庫県生まれの 細見良 は13歳で単身大阪へ出て、毛織物業界に入った。宗教美術や茶道具に高い価値をおいてコレクション

息子 細見實 は江戸絵画を収集

孫 細見良行 は現代美術が主力  らしいです。

前知識 ゼロ で出掛けましたが、琳派の花づくし でその華やかさにうっとり。。。でした。  

それにしても人が多いこと! そして関西のおば様たちのよくおしゃべりになる様には恐れ入りましたよ!  自分の知っていることは全部吐き出さないと気が済まないのでしょうねえ~coldsweats01  相手の方も聞くのに慣れている? いや~ ご自分もそん色なくしゃべっているからつりあっているのでしょう!!  感心しますwobbly

0935_013 0935_014                                   0935_012

大阪高島屋は3月9日まで

京都高島屋 3月11日~3月23日まで

日本橋高島屋 6月3日~6月15日まで

名古屋タカシマヤ 12月28日~1月11日まで

2009年3月 4日 (水)

緩和ケア病棟のひな祭り

昨日三月三日、おひな祭りの当日、緩和ケア病棟でもひな祭りをしましたcherryblossom

毎月季節のイベントを行うのですが、当日のその時間にならないと、患者さんが何人出席できるのかさえはっきりしない現場ですし、ボランティアも何人きてくれるのか解らなかったり。。。なかなかお世話をする人は大変なのが実情です。

昨日は患者さんが6人、付き添いの方お一人の7名が参加してのお祭りでした。

段飾りのお雛様は病院職員の方から戴いた50年余り前のちょっと古いけれど、とても可愛いお雛様cherryblossom

人間雛も加わって、ぐ~~ん と存在感がありましたheart02

名誉院長先生のお内裏様、心療内科ドクターの綺麗なお雛様。。。

看護学生さんが三人官女。。。 お内裏様や、三人官女の衣装は手作り。

お雛様の衣装はボランテイァの一人が若いときに練習に使ったという本物、勿論着付けもこの人がして。。。

ボランティアって不思議に、それぞれが今までに培ってきた技術、能力を役立ててくれるのですよ。  思わないときに役に立ったりして、これが何とも嬉しくて、心地良いものです。

病院内の栄養部や、レストランまでが協力して沢山の種類のデザートが用意され、昨日はデザートブュッフェcakecherry 目で見るだけでも嬉しくなるようで、始めは食欲がでない方も少し召し上がられて。。。私たちも沢山の喜びをいただきましたscissors

note それから看護師さんたちのハンドベル演奏、その次は患者さんも参加しての演奏。

うれしいひな祭り と 荒城の月 を ハンドベル片手に、それはもう一生懸命です。

夢中になれた時間! 短くても大きな喜びに浸れたように思いましたnote

2009年3月 2日 (月)

お雛さま

娘の段飾り雛を、数年ぶりに飾ってみました。

  092_006_2                  

やはりお雛様って、パッと華やいでいいですねえhappy01

段飾りとなるとそれなりのスペースが必要。

飾り付けるのが少々手間。

片付けるのはもっと面倒。

092_005

そんなこんなで、ず~~っと飾っていなかったけれど、ちょっとスペースが出来たので。。。cherryblossomcherryblossomcherryblossom

    

小さなお雛様たちも勢ぞろいしましたnotes

   092_011092_010092_008092_002092_009092_014

092_015092_012092_013

明日はひな祭りcherryblossom  女の子が家に居ないと、ちょっと淋しいひなまつり。。。

でも何か春らしい、そして簡単なお寿司など用意したいですねheart04

わたしはボランティア先の緩和ケア病棟で明日、お雛まつりのチョットしたイベントがあります。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »