« 再織りのお店で | トップページ | オレンジムース »

2007年7月17日 (火)

ドレスデン・運命の日

005_1 連休2日目の昨日、久しぶりに 映画 を観にいった。

 ドレスデン・運命の日 』                    

’06年 / 独 /     監督 ローランド・ズゾ・リヒター   やぶみょうが           

 第二次大戦末期。父公認の婚約者がいる看護婦と、彼女が勤める病院に逃げてきた敵国イギリス兵との許されない恋。

一夜にして崩壊した美しい街、ドレスデンでの実話を元に。

当然のことながら、爆撃で深く傷ついた人々。。。不足する薬、その中での治療。  とてもむごい。  観にこなければ・・・ という思いが湧いたりもしたのだが。   

8月の原爆記念日や 終戦記念日が近づいて この時期 何があっても やはり戦争はしてはいけない!!!  その思いを改めて強くした映画でした。

ドレスデンは美しい街  と聞き及んでいる。  一度は是非 行きたい所です。 

 その美しいドレスデンに こんなむごい空襲があったことを知ったのは  つい昨年だったか?  市民の心の拠りどころ 聖母教会 も無残に崩壊し。。。    それが 多くの人の 願いと努力で 再建したのだ。 黒く焼けたレンガが 可能な限り使われている。

私が ヨーロッパで初めて訪れた国が ドイツ でした。  ドイツ 初日 ベルリンで目に留まった建物。 それは 第2次世界大戦で破壊された教会です。   

カイザー・ウィルヘルム教会  と云って、ビスマルクと共にドイツ統一を果たしたドイツ皇帝・ウィルヘルム1世を偲んで建てられたものでした。      ドイツでは この教会の他にも 戦争の傷跡を あちこちで 目にしました。  人々の心に 忘れてはいけない事として 今も息づいているように感じたものです。                                        

07_013                     我が家の白い花 003_3

« 再織りのお店で | トップページ | オレンジムース »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今晩は
白い花、とても素敵ですね。
やぶみょうがともうひとつ、白いベゴニアの隣に咲いている花は山野草でしょうかとても綺麗ですね。

ドレスデンの名前は、私も昨年ドイツ、オーストリアからかえってまもなくテレビで見て、その美しさ、名前から連想される優雅な響きに行って見たいと強く思いました。戦争の惨たらしさ、おろかさは何度見ても悲しいですよね。
私はしばらく映画は見ていませんが、1昨年、TVで「戦場のピアニスト」をみて、(やはりドイツが舞台の映画)戦争のむなしさを改めて感じました。紛争があちこちでおこっている状態は何とかならないのでしょうかね。

ヒサ子さん、こんばんわ! 白い花が好きなんですよ、私。 ベゴニアの隣にあるのは、頂いたもので「白蝶草」って云ったような? 気がしますけれど、間違っていたら御免なさい。山野草ではないと思います。「戦場のピアニスト」私も見ました。印象深い映画でしたね。ショパンの「ノクターン」第20番がいつまでも胸の中で響いていました。今日、久しぶりにCDをかけて聴いています。

戦争の映画ってやはりむごいですね。以前「戦場のピアニスト」を観たことがあります。ナチス時代の悲しくて心温まるストーリーでした。
私は終戦の年に生まれて、直接戦争のことは知らないのですが、戦後のなにもなくて貧しい時代のことは忘れることはできません。
地球上のどこかで今も戦争が続いています。悲しいことですね。

まきちゃん、こんばんわ。又雨になりましたね。コメント有難う。一つ解った事があります。まきちゃんと私、同い年です! これからもよろしく ねっ! 「戦場のピアニスト」も心に残る良い映画でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再織りのお店で | トップページ | オレンジムース »