« 新緑の東北へ ー2 | トップページ | 新緑の東北へ ー4 »

2007年5月28日 (月)

新緑の東北へ ー3

二日目、ホテルから程近い『こけし工房』へ。 ロクロで丁度作っている。頭は頭で形作っておき、胴体の形が出来上がったところで、頭の首部分をポコッ!とはめ込む。 なんとも不思議。こけしは作る地方によって、スタイルに特徴があるが、今回 『 あぁ! これが 鳴子こけしなんだぁ! 』 と見覚えのあるこけし とその名前が一致した しだいです。

平泉 中尊寺は余りに有名で、記す言葉も無い感じ。金色堂が唯ひとつ、中尊寺創建当時の遺構で、現在は、元の建物をすっぽり覆う鉄筋の建物に守られている。中央の須弥壇に奥州藤原氏の初代清衡公、二代基衡公、三代秀衡公のご遺体と泰衡公の首級が納められているそうだ。  修学旅行生がメモなど取りながら見学している。Dsc02457  五月雨の降り残してや光堂  芭蕉翁句碑あり。

どのくらいバスに揺られたのか?  昼食場所 『ホテル武藏坊』 のすぐ近くには義経の住居があったという小高い山、弁慶の墓所などをガイドさんの案内があった。   またまたバスに揺られ、楽しみにしていた八幡平まだ雪がこんなにある。でも例年より少ないようだ。学生の頃遠足で歩いた記憶が。。。今回は展望所から眺めただけ。 チョット物足りないなぁ~。Dsc02462

発荷峠から十和田湖を見下ろす。Dsc02464_1   明日は雨の予報。下り坂の天気ではあったが、まあまあ 十和田湖も見られたし。。。    山並みの向こう、空と一体になった辺りに八甲田山がある。中学生の時に登った山。 余りに遠い記憶の彼方。。。   さあ、今日は奥入瀬のホテルへ向かうだけとなった。

« 新緑の東北へ ー2 | トップページ | 新緑の東北へ ー4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/6584054

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の東北へ ー3:

« 新緑の東北へ ー2 | トップページ | 新緑の東北へ ー4 »