« 新緑の東北へ ー3 | トップページ | レモンパイ »

2007年5月30日 (水)

新緑の東北へ ー4

奥入瀬    明日は雨予報。 ならば夕方ではあるが、降っていない内に散策を!と 夕食前の時間に出かけてみた。 Dsc02468               

小道に入ると、視界全体が緑。緑、みどり。。。   小鳥の声。。 そして 川の流れる音

これぞ至福の時でなくてなんであろう?  遠い記憶の片鱗がチカッ! と頭を刺激する。Dsc02471

岡山で見納めたはずの桜。 こんなに清楚な姿を見せていました。誰にも邪魔されないで。。 あるがままに、のびのびと。 Dsc02475

宮沢賢治「なめとこ山の熊」に、次のような一節がある。  中山街道はこのごろは誰も歩かないから蕗やいたどりがいっぱいに生えたり牛が逃げて登らないように柵を道に立てたりしているけれども、そこをがさがさ三里ばかり行くと向こうの方で風が山の頂を通っているような音がする。気をつけてそっちを見るとなんだかわけのわからない白い細長いものが山をうごいて落ちてけむりを立てているのがわかる。 それがなめとこ山の大空滝だ。  Dsc02480

賢治の世界に迷い込んだかと錯覚をおこしそうになる。  十和田湖から流れ出る奥入瀬は当然、青森県。 一方、賢治は岩手の人。それは 分かっているけれど。。。  そんな事を考えていると、旅が一層楽しくなる。

Dsc02483

Dsc02490   岩手県に入って  浄土ケ浜  

岩のゴツゴツした景色もナカナカだが、それよりも(と言って良い位)水の透明度がすごい!

Dsc02497 近くまで、行っても大丈夫。 遊覧船が動きはじめると、どこからか。。。来た来た!餌がもらえるのですね! パンを売っています。 空中で上手く パクッ! 海面に落ちてしまうのも、すぐ パクッ!  時には、人の手から直接 パクッ!  これはかもめ? じゃなくて ウミネコ

この先は、小岩井農場の 一本桜 へと続き、楽しい旅も幕を閉じたのです。

« 新緑の東北へ ー3 | トップページ | レモンパイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

奥入瀬は秋の風景をよく見ます。
春の奥入瀬は水量も多く、滴るような緑ですね。私も森林浴をしたような気分になりました。
我が家で見る緑と違って、旅先で出会う風景は格別なものですね。
私も旅がしたーい。

今日は、仙台のエーデルワイスです。
十和田湖の新緑とてもきれいに撮れてますね。
。楽しい東北の旅を楽しまれたようでよかったですね。
私は十和田湖と奥入瀬渓流には3回行きましたが3回とも雨でした。
10代と20代で行った時は奥入瀬の美しさにバスを降りて歩いたのですが20分ほどで落雷を伴う雨に降られ、またバスで十和田湖に向かった思い出があります。
3回目の昨年の秋は紅葉を楽しみながら奥入瀬をウォーキングのはずでしたが最後まで雨で、せっかくの紅葉を楽しめませんでした。ついていないです。新幹線からみた仙台は如何でしたか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/6605843

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の東北へ ー4:

« 新緑の東北へ ー3 | トップページ | レモンパイ »