« パン焼き シナモンロール | トップページ | 雨の日曜日 シュークリーム »

2006年11月20日 (月)

メタセコイア 倉敷

Dsc01927_1 Dsc01928_1    倉敷アイビースクェアーにて

時々行く場所なのに今まで目に 留まっていなかった。建物の奥にある巨木 メタセコイア 蔦の紅葉です。ここの名前になっているだけ有って、蔦が沢山建物の壁面を覆っています。場所によってまだ緑の面と、写真のように紅葉した壁面とがありました。今年の紅葉はこんな風に、色づいた木、緑のままの木と分かれているみたいですね。

 メタセコイアは1939年三木茂博士が日本でセコイアに似た化石を発見、『メタセコイア』と命名。絶滅した種と思われていたものが、1945年中国四川省に現存しているのを確認。それで生きた化石と呼ばれたりする。 その後、国が接木を譲り受け、今では全国に植えられている。 

 英名  Metasequoia ヒノキ目、スギ科、メタセコイア属 の一属一種の植物  ーwikipediaより抜粋ー             

花穂を沢山たらしたメタセコイアを見たのは初めてだったので、何の樹かしら? っとちかづいてみたら・・・  私の好きな、身近に感じる樹でした。 身近に・・というわけは私が学んだ学校の講堂横にあった樹だからです。

« パン焼き シナモンロール | トップページ | 雨の日曜日 シュークリーム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

倉敷はいつ行っても落ち着きますね。アイビースクエアのツタの紅葉はみごとです。3年前に紅葉の時季に訪れ感激したのを覚えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/4249413

この記事へのトラックバック一覧です: メタセコイア 倉敷:

« パン焼き シナモンロール | トップページ | 雨の日曜日 シュークリーム »