ふるさとソング・ラジオ深夜便と里芋の花

睡眠のリズムが狂いっぱなし。。。

 

 取り敢えず昨日の写真から 里芋の花を

Photo_20200809034502

畑の里芋に花がついた 

くちばしの大きな南国の鳥を思わせます

  ↓ 見に行くのが1日遅かったか!

Photo_20200809034401

 1日前の状態をみたかったなあ 

(1日前が見ごろだったのじゃないかな?)

これ以上は開かないのかもしれない、とも思うが

Photo_20200809034501

この状態では、香りというほどの香りは感じられないが

この2日前の つぼみ状態の時にはかすかに 松茸を思わせる香りあり。

3

    ***********************

****************

 

今朝3時台のラジオ深夜便で懐かしいふるさとソングの数々が流れる。

2曲目だったかな? 

霧島昇の「たれか故郷を想わざる」

これが流れ始めると

夫がおもわず 口ずさみはじめた。

1940年に発表されたというから、まさに夫の生まれたその年だ。

 私にとっても なつかしい曲! じ~ンと胸に響く

 

この歌を聴くと 私はテレビのある場面を思い出してしまう。

それは ハンセン病にかかり瀬戸内の小島に隔離された方のこと。

その方が罹患したころは、実名を隠し親子の縁も切るような覚悟で

この小島に送られてきた。

二度と会うことのない(当時はそう思えた)血縁の家族

二度と帰ることが叶わぬ 故郷

 

帰りたい! 会いたい!

胸が張り裂けんばかりの深い望みを

全て のみこんだ人達の

思いを代弁している 歌

 

その様に紹介されていたと思う。

テレビを見ながら 涙がこぼれたことを

今も 忘れてはいない

 

この歌が生まれてから

今年はちょうど80年

 

偏見 は 今も形を変えながら

生き続けている

 

ただでさえ 重い十字架を背負わされた

というより

背負って下さった 方々

その方たちに

慈しみの手を差し伸べられない

人類の 業 とでも言えばいいのだろうか

 

そんな罪深い 我々をどうか許してください

 

私はクリスチャンではありませんが

そんな思いがするのです。

 **********

タイトルの一部を変えました

内容も 2行ほど加筆しました

 

 

2020年8月 2日 (日)

おかやまバナナ

おかやまバナナをご存じですか? 東京バナナはお菓子だけど、こちらは本物のバナナです。 私、名前は知っていたし、店頭で見かけたことはありま...

» 続きを読む

2020年7月27日 (月)

小銭が溜まる

ルッコラが育ってきています。背景の緑は全部ルッコラです! 仲良くして頂いている知人Kさんご夫妻。 昨日午後、ご主人様がこられて、しばら~...

» 続きを読む

2020年7月22日 (水)

冷たい緑茶が美味しい!

雨が止むと今度は蒸し暑さに襲われます↷ 私は冬生まれだからでしょうか・・暑さに弱い。 夫は真夏の生まれだからか・・・暑さに強いですよ。 冷た...

» 続きを読む

2020年7月16日 (木)

九ちゃんの歌 ともだち 

今朝は ひさしぶりにお日様が顔をだした!  あ~ぁ いいなあ~ ありがたいなあ~   今日は病院へ行く日だった。 前回した検査の結果も良か...

» 続きを読む

«心がやすまる 1冊の本