絵本に学ぶ

今朝は秋を通り越したかと思うほど、寒さを感じました。

招待券を頂いたので、県立美術館へGO!

備前焼の展示会。  

桃山時代から現代までの名だたる作家さん達の名品が勢ぞろい。

昨日「行こう!」と、夫と予定していたのに、

生憎の雨だったからか、それとも前日に友人が来てくれるというので張り切りすぎたのか?

昨日は朝から頭痛で、薬もあまり効かず、とうとう1日寝込んでしまった!

頭痛は毎週のように起こるのだけど、寝込んだのは久しぶりだった。

今日は元気です!

美術館に無事、行ってきました。

🍀

今日、書きたかったのは絵本のお話。

私の好きな ラジオ深夜便 で柳田邦夫さんが紹介されたものです。

 

「とんでいったふうせんは」

 

Photo_20201023184001
「大人こそ、絵本を読んでほしい」と柳田さんはおっしゃいます。
この本などは、正に私年代の。。。
敢えて言わせていただけるなら
物忘れが気になり始めた方や、少し痴呆が入ってきたかな? 
そんな事が気になり始めた私をはじめ、
高齢者の方にこそおすすめの絵本だと思います。
風船には、その人が生きてきた人生の思い出が
それぞれの風船に入っていますよ。
だから
長く生きてきたおじいちゃんは沢山の風船をもっていて
まだ幼い男の子は数が少ない
しかし
ある時から、おじいちゃんの風船が1つ
スル~~ と、手から離れて飛んでしまいました。
少年が風船を追いかけますが、
小さくなっていくのをみているしかないのです。
とうとう おじいちゃんは 最後の風船まで 飛ばしてしまった。
おじいちゃん、どうしちゃったんだろう?
いつの間にか
少年の風船がふえていて
ママが云うのです。
「おじいちゃんの 思い出の風船は
すべてあなたのものよ」
********************
私の身近な方にも
(と云うより、私自身もそうなんじゃないか?って思うことがあるのですが)
認知症の初期? って思う方がポツポツといらっしゃるのです。
周りの方たちが
この絵本を読んで、こういう風に
認知症のことや
歳をとるっていうことに理解を深めてくださればいいなあ~って思います。

2020年10月10日 (土)

内科の待合室で

10月早々に インフルエンザの予防注射を受けてきました。 住んでる自治体によって料金が異なるみたいで、 私の住んでる市では70歳以上は無料で...

» 続きを読む

2020年10月 5日 (月)

自分へエール!  あなたは何から力をもらいますか?

秋晴れ!   一番よい季節だと実感しながら暮らしています。 日ごとに、秋が進んでいきますね。 太陽の顔を出す位置が、1日で随分南によっている...

» 続きを読む

2020年9月25日 (金)

読書から思い出がひきだされ 感謝です

私、本を読みたい気持ちはあるのですが、なにしろスピードがない。 長く続かない。。。 そんなわけで、この1冊読むのにも長~~くかかりました。 ...

» 続きを読む

2020年9月23日 (水)

秋到来。りんごのケーキ焼きました

  この夏の猛暑で、私はもう駄目になったかと感じていたんですが 秋風と、秋の高い空に背中をおしてもらって 少しずつですが、元気がもどってきて...

» 続きを読む

«あぁぁ 遂にこの日を迎えたのね! 敬老の日